主題「情報モラル教育の充実」

副題 〜インターネットを安全に使っていくには〜


さいたま市立大原中学校

1 ねらい

 
インターネットの普及にともない、様々な情報をパソコンや携帯端末(携帯電話を含む)で容易に入手することができるようになった。
また、最近は携帯電話に加えて、スマートフォンの利用者も増え、より多くの情報を入手、発信できるようになった。その半面、自分の情報や知られたくない情報を他人に見られたり、知らない人に騙されたりということも起きるようになった。具体的にはワンクリック詐欺などの被害や、メール・ブログ・プロフなどによる言葉の暴力やいじめの問題が発生している。中学生も、携帯サイト等で被害者、または加害者になってしまうということを知り、インターネットの危険性について気付かなければならない。これからの情報社会で生きていくために、情報モラルを身につけ、マナーを守って、インターネットを利用できる態度を養う必要がある。学校においては、携帯電話会社の方を講師にお招きした講演会を開き、携帯電話・インターネットに関する知識や安全に使うための方法を身につける。


2 指導計画

(1) 第1学年 総合的な学習の時間
          図書室やパソコン室の利用の方法
(2)第2学年 技術科
          リンク集や検索エンジンによる情報収集を行い、インターネットの使い方のマナーやルールを学ぶことによって、
          情報モラルに触れるようにする。その中から、インターネットの有用性と危険性を感じさせる。
(3)第3学年 技術科
          webページの製作を通して、知的財産権・著作権・肖像権を理解し、情報の取り扱いについて考える。
(4)全学年
          携帯・インターネット安全教室を通して、携帯電話の安全な使い方や使うときの注意点を学び、
          携帯電話による悪質な犯罪の被害にあわないように、気をつけることができるようにさせる。

3 授業実践例 2−(4)より
○携帯電話会社の講師による講演
  ・メールに関するトラブルについて
  ・プロフ・ブログに関するトラブルについて
  ・インターネットによるトラブルの実例
  ・ネット詐欺に関するトラブルについて 正しい使い方を学ぶ。
  ・携帯電話に関連した法律違反・犯罪について
  ・ケータイ依存症について
講演終了後、各教室で講演のまとめや感想文の記入を行う。


4 成果と今後の課題

 「携帯電話・インターネット安全教室」の講演を聞いた生徒の感想には、「携帯電話やインターネットのもつ危険性について理解できた。」「インターネットでどんなトラブルに巻き込まれることがあるのかがわかった。」といったものが多く、多数の生徒がパソコンや携帯端末の使用による利便性、危険性、どのようなトラブルに巻き込まれる可能性があるのかを知ることができた。このようなトラブル、犯罪等から子どもたちを守るためには、生徒一人一人の情報モラルをしっかり教育していくことが重要である。今後多くの授業でも連携して、学校全体で情報モラル指導に当たることが必要になってくる。そして、携帯・インターネット安全教室などの講演会も引き続き行っていくべきである。